最後の日

昨日会社へ退職の挨拶とIDの返却に行ってきました。

何年も悩み続けた日々が終わりました。
最後も郵送でのID返却で良いと言われたけど、
自分の気持ちに区切りをつけるために行ってきました。

育児休職で長い開いたお休みを頂いていて、普段IDは使わなかったけれど、
IDだけが会社とのつながりだったような気が しています。
返却した時は本当に寂しかった…。


21歳で群馬から出てきて、あの仕事が大好きで仕方なかったのです。
お客様には叱られるし、大変だけど「充実してるな」って思える仕事でした。


最後は復帰したくてあがいて…いや、大暴れして…主人はきっと恐ろしい日々を
過ごしたでしょう。
でも、自分でもこういう結果になることは長男が生まれたあの時から何となくは
わかっていたんだと思います。
夫婦ともにシフトとなり、小学生の長男は1人で起きて学校へ行ったり
夜寝たりできるはずがなく、そんな我が家の状況では復帰は出来なのは当たり前でした。
どちらかを選ぶとなったら当然子供たち。

これからは気持ちを整えてまた新しい生活をして行きたいと思っています。


「辛い決断だったね」と頭をなでてくれたマネージャー、
プレゼントを用意して待っていてくれていた同期、
最後だからと仕事を調整して一緒にご飯を食べてくれた先輩、
泣きべそかきながら帰ってきたらケーキとプレゼントを用意してくれていた後輩、
励ましのメールをくれたマネージャ、同期、後輩…
仕事は辞めてしまったけれど、そんな方たちと知り合えたことは私の宝物です。
これからも大事にしてゆきたいと思うのです。

苦しかった日々から解放されて、心機一転がんばります。

a0138492_12353269.jpg

a0138492_12351656.jpg
<
a0138492_12391245.jpg

[PR]
by petitexxpetite | 2011-05-28 12:43 | 日々のこと
<< 久しぶりのパン カントリーマーケット >>