カテゴリ:日々のこと( 43 )

たくましい

今朝宮城の義母から電話がきました。
「電気がついた」と。
でもまだガス水道は復旧してないし、ガソリンもいれられる所はほとんどない…。
そして少し前の関東みたいに、スーパーは1~2時間並んであるものだけ買う。
品薄で棚はガラガラだそう。

宅配が営業所止めながらも再開したので、皆に少し食料を送りたいと思い
主人の親友2人にも欲しいものはあるかと聞くために電話をしました。

親友1号は7人家族(子供2人)、
長距離トラックの運転手。地震と津波で会社は壊滅、仕事再開の見通しは全く立たず。

親友2号は4人家族(子供2人)、
カフェ経営。津波でお店も被害を受け、たとえ再開してもこの状況では
お客さんが来るはずもない。

彼らは家族を抱え収入源を絶たれてしまいました。

でも踏ん張っていました。

電話をしたら、
なんと…
バイトしてました。
瓦礫の片付けのバイトです。

その前向きさ、たくましさ、素晴らしさにただただ感動しました。
家族を養うために必死なのです。

私は何やってるのかな…と情けなくなりました。

「たくましいひとたち」

見習わないと。
私もしっかり生活しないと。

節電もしつつ、家事もして、子供の相手もして、そして長男の入学に向けての買い物や
バッグなどのミシン仕事もある。お友達からのオーダーの入学グッズもある。
ボヤボヤしてるばあいじゃない。
しっかりしなきゃ。やることやらなきゃ…。
a0138492_19232096.jpg

[PR]
by petitexxpetite | 2011-03-24 19:29 | 日々のこと

あの日から今まで

あの日から間もなく2週間。

あの日私は子供達と自宅に居ました。
「地震だ!」と言った瞬間電気がグラグラ揺れ、棚からおもちゃや本が崩れ落ち、
水槽の水が溢れ、外を見るといつもの景色も揺れていました。
子供達を抱きしめて過ごした時間…怖かった…。

宮城は主人の実家です。東松島に義母、大島に祖父と親戚、気仙沼の病院に祖母、
松島に親戚が居ます。
数日が経ち津波で家が流された祖父もどうにか逃げることが出来て無事であることが分かりました。入院中の祖母も無事でした。

恐ろしい光景に呆然とテレビを見た数日…。
1週間が経った頃からは新聞を読んでは涙し、夜ニュースを見ては涙する日々です。
体はいつも揺れてる感じがしています。過敏になってる自分が居ます。

ここは水も出るし、お風呂だって入れるし、ご飯だって作れる。
スーパーで品薄だって普通に生きていられる。

幸せな事です。

「当たり前は当たり前じゃない」

そう思い生活をしなければ。
暖房を我慢してリビングに布団をしいて湯たんぽを入れたら ホカホカで過ごせる。
家の中でジャンパー着れば寒くない。
ご飯だって1品のおかずで食べられる。

極寒のなか、原発の処理に命をかけてあたっている人が居る。「現場」の人たちは頑張っている。 家族を失っても、家を失っても耐えて笑ってインタビューに答える被災者の方や子供達が居る。

そんな方々の事を考えて生活する時です。

今までの生活を「ありがたい」と振り返る時です。

我慢の時。

できることを我慢する、あるものを使わずに我慢する、それは被災地でそれがない方たちよりも強い意志がないと出来ないことなんだと思います。
子供が居るから出来る事は限られていても、その中で出来ることを探そう…。

でも。
「色々な事を自粛するのはわかるけど、自粛が萎縮になっては経済が成り立たない。
経済が成り立たなければ被災地を助ける事もできない。」

という言葉を目にしました。
うん、そうだ。
頑張って取り戻さなきゃ。普通の生活が出来る私達が怖がってばっかりじゃダメなんだ。


踏ん張らないと。


a0138492_1910396.jpg

[PR]
by petitexxpetite | 2011-03-24 19:10 | 日々のこと

プチ同期会

昨日は同期数人が集まりプチ同期会でした(*^_^*)

皆母になり、それぞれの時間を過ごす日々。
頻繁には会えないけど、会った時はいつも変わらない。

Lunchはパン・チキンのトマト煮込み・グラタン・サラダでした。
a0138492_1673882.jpg
a0138492_16101668.jpg


おしゃべりに花が咲き楽しいひと時。
間もなく2人目の育児休暇が終わる私。
復帰の願いかなわず退職することになります。
もう一緒に働くことはできないけど…
「同期」はいつも心地よい存在です…。

[PR]
by petitexxpetite | 2011-03-05 16:11 | 日々のこと

冬のさくら

ドキドキの恋愛をすることもない既婚者の私(笑)

ドラマ「冬のさくら」は欠かさず見ています。

ドラマの中に出てくる「啓翁桜(けいおうざくら)」
先日買い物先で見つけました。
a0138492_2313884.jpg


1週間経ってつぼみが膨らみ始めました。
本当に冬に咲くんだなあ。

たのしみ♪

[PR]
by petitexxpetite | 2011-02-18 23:16 | 日々のこと

電気代

先日の記事の続編…

来ました。
恐怖の電気代。

a0138492_65249.jpg


…はあ…。

[PR]
by petitexxpetite | 2011-01-27 06:33 | 日々のこと

せんせい


私が幼稚園年中・4歳だったころの担任の先生。
私の担任をしてそのまま結婚退職、出産、主婦になりましたが
時々お家に遊びに行ったり…ずっと親交があります。

昨日群馬からわざわざ会いに来てくれました

朝10時到着。
お茶を飲み、子供と遊び、お昼を食べ、またお茶を飲み…
いろんな事をお互い話しながら過ごした数時間。
とっても嬉しい時間でした。

もう32年が経ったんです。
4歳の子供だった私。
すっかり「おばちゃん」の年齢になり(笑)、
自分のこと、子供のこと、夫婦のこと…
いろんな事を話す年齢になりました。
子供が生まれるまでは一緒にお台場のホテルに泊まったり、タイへ旅行したり。
ホノルルで結婚式をするときはわざわざ来てくれて式を見守ってくれました。

お母さんとは違うし、友達でもないし、
先生は先生。
いつまでも私の先生です。

群馬に帰ってからのメール

「私はどんな状況にあっても、Kちゃんと子供たちの幸せを願っています。」

うん、心強い 。
こういう風に自分を見守ってくれる人が居るから頑張れるんです。

[PR]
by petitexxpetite | 2011-01-11 20:52 | 日々のこと

Birthday

今日1月3日は主人のお誕生日。
お正月に誕生日とは何ともめでたい方であります(笑)。

子供たちは「ぱぱのパーティーだねー」と言っているので
飾り付けを兄ちゃんにしてもらいました。
a0138492_17312938.jpg

a0138492_17331689.jpg


ケーキを買おうと思っていたら「作りたい!」と言われ…
さすがにスポンジを焼く体力はないので手抜きスポンジを買ってきて飾り付け。
大張りきりの兄ちゃんの手伝いのもとケーキ完成。
a0138492_1737110.jpg


あとは大好物の「おさしみ」が良いと言うのでお刺身で和食夕飯をします。

出会ったときは…
21歳だった彼。

「さわやかだったな~」…笑

同学年だけど早生まれの彼は今日36歳。
知り合って15年か…
すごいね。
長い年月がたったのね。


まあ色々ありますけど、

「お誕生日おめでとう」

[PR]
by petitexxpetite | 2011-01-03 17:35 | 日々のこと

New Year

a0138492_16214124.jpg
 
「あけましておめでとうございます」

ご無沙汰blogです。

クリスマス後からまた咳が出始め…
寝込んだ日も数日、寝込んでなくても少し動いてはゴロゴロ。
結局病んだまま年明けです。

昨年は「病」ばかりの1年でした。

月に1度は必ず体調を崩し…
「元気いっぱい」って言えることほとんどなかったかな。
何でだろうか…
今年は37歳。年齢のせい?
子育て真っ最中で疲れてるから?

何だかわからないけど、

「今年は元気で過ごしたい」
「穏やかな日々を送りたい」

それを目標に頑張ろう。

あと、もう1つ。

「もう少しミシンに向かう時間を持ちたいな」

みなさん。

「ことしもよろしくおねがいします」

(*^_^*)

[PR]
by petitexxpetite | 2011-01-03 16:31 | 日々のこと

Christmas present

子供たちだけに届くハズだったクリスマスプレゼント。
なんと私のところにも!

a0138492_2335278.jpg
a0138492_23363223.jpg


嬉しい手紙も添えられていました。

「ありがとう。とっても嬉しかった!大事にするね。」

[PR]
by petitexxpetite | 2010-12-26 23:40 | 日々のこと

しあわせ

最近図書館に行くと立ち寄るコーナーがある.

戦争など世界情勢や環境問題を子供向けに書いた本のコーナー。

勉強がイマイチな学生だった私。
好きだったのは英語だけ。その他部活は一生懸命やったけど、それだけ。
歴史なんてさっぱり…。
一般常識も分からない事ばっかりでいつも姉に聞いていて・・・。
新聞は好きだから毎日読むけど、分からない事も一杯。
そんな私にも子供コーナーの本は簡単に書かれているし、
写真がいっぱいで分かりやすい。

先日見つけて恐る恐る借りてきた本。
a0138492_91258100.jpg


「戦場カメラマン」(よくテレビに出てる人じゃなくて)
が撮った写真が沢山。

久々に本を読んで身震いをした。
変な気分になった。

わき腹をうたれて穴が開いた状態で苦しんでる市民
戦車にひかれて関節が不自然に曲がった死体
亡くなった仲間を抱えて泣くアメリカ兵

…普段目にすることない光景。

育児が大変だ
掃除が大変だ
主人が寝てばっかりだ
お金がない
働きたいけど働けない
あれが欲しいこれが欲しい

いろんなこと言ってる自分は贅沢だ。
お金持ちじゃなくても生命の危機なく生きていられることが
一番の「しあわせ」なんだ。

もっと謙虚に生きないと…
生きたいな…
出来るかな…

「自信ない…」

きっとこれからもきっとブツブツ言っちゃうだろうな。

でもいろんな事を見ていろんな事を感じるのは自分の為になるハズ。
血を流してる写真とか恐ろしいけど、どこかにそんな現実も
あるんだと言うことを頭の中に入れて生活しよう。

[PR]
by petitexxpetite | 2010-12-21 09:15 | 日々のこと